住宅ローンの具体的な貸し出し条件は?

住宅ローンを借りるには様々な条件があります。個別的な要件はかなりたくさんあるので、ここで改めてその貸し出し条件をまとめていきましょう。


<安定した収入>

まず、安定した収入が大事になってきます。安定した収入を構成する審査項目としては本人の年収ももちろんですが、今の職場の勤続年数、それから雇用関係も大事になってきます。少なくとも今の職場で3年以上働いており、そして正規社員であることが望ましくなります。勤続年数が長くとも派遣社員や契約社員ですと審査に通るのは難しくなるので注意です。


<健康や年齢>

収入以外にも、本人の申し込み時の年齢や健康状態も大事になってきます。健康状態が審査項目になるのは、生命保険会社への加入が条件となっている所もあるからです。本人が死亡した時に代わりに返済をしてもらうためでもあります。また、申し込み時の年齢も大事な心象素です。


<借金の有無>

後は、借金の有無も大事な審査項目となります。借金があればそれだけ安定して住宅ローンを返済してもらう事が難しくなると金融機関は考えるからです。住宅ローンは本当に長期的な返済になってきますから、どんな借金でもかなり厳し目に見られます。既に借金がある人は完遂してから検討をしましょう。