住宅ローンの計画性

住宅ローンにはしっかりとした計画性を持つことが大切です。
出来れば、結婚して家庭を持ち、子供の数はどうするのかなど、今後の生活をどうしていくかを夫婦で考える際に、住宅の問題についても話しあいましょう。

子供が増えた、子供が成長してきたというタイミングで住宅のことを考え始めると、どうしても結論を出すのが早くなってしまい、のちのち失敗したという気持ちに繋がりやすくなります。

住宅ローンの審査は、普通の借金に比べると審査が厳しい傾向があります。
急いで住宅の購入を決め、土地や住宅の間取りが決まったあとになって、融資は出来ないと言われ焦ってしまったというパターンもあります。
年齢や収入の水準、貯蓄額なども視野に入れて、返済年数の設定に無理がないなどシュミレーションしてみましょう。


<住宅ローン借り入れには事前準備の徹底を>

住宅を建てる間際になって、住宅ローンの借り入れが難しいことに気づくなど、事前準備の不徹底はその後の人生設計に大きく関わることがあります。
若い夫婦ですと両親からの援助という計画を建てる場合もありますが、様々なパターンを考え、月々の返済金額を収入から捻出できるのか、何十年と無理なく返済していけるのかをきちんと考えることが必要です。