住宅ローンの金利を知ろう

住宅ローンの金利には3つのタイプがあるのをご存知でしたか?それぞれのメリットとデメリットを覚えて、これからマイホームを持つのにはどれが一番お得なのかを把握することをオススメします。


住宅ローンの3つのタイプをご紹介

まず、住宅ローンで一番基本となるタイプが、「全期間固定金利型」です。完済するまでずっと同じ金額で返済していくので、長期的な返済計画が立てやすいのが特徴です。このタイプでは借入時の金利が重要な項目になり、金利が安いときに契約すれば最後までお得となりますが、その反面高いときには損をすることになります。

次に、「固定期間選択型」のタイプですが、これは一定期間固定金利で利用してその期間が過ぎれば新たに金利を選びなおすことが出来ます。そのため、よりリスクが少なくライフプランを立てることが出来ますが、固定期間終了後に金利が大幅に上がってしまうという可能性があることを覚えておきましょう。

最後に「変動金利型」のタイプですが、これはその名の通り金利が一定ではなく、半年のサイクルで金利が見直されていきます。うまく金利が良い方向へ変動していけばいいのですが、悪い方向へと流れれば元金がなかなか減らないというもろ刃の剣となりますので、このタイプは慎重に選ぶことが大切です。