住宅ローンは若いうちに借りるべき?

よく聞かれる、「住宅ローンは若いうちに借りる方がいい」というワード。果たして本当にそうでしょうか。


「早く借りれば早く完済できる」という言葉に騙されるな

若くして住宅ローンの契約をすれば、早く完済が出来ます。といった営業トークを聞きますが、これは間違っています。なぜかって、完済までの年数は自分で決めることが出来るのですから。これは、返済額はひとまず置いておいた話です。25歳で35年ローンを組み60歳に完済。これが理想ならば、30歳でもしも組んだ場合、30年ローンにすればいいのです。35歳でも40歳でも同様です。60歳までに完済したいのであれば、それだけの返済期間に設定をすればいいだけのこと。もちろん返済額は年数が少ない程多くはなりますが、完済年月だけで話をすれば、決して早くローンを組まなくてはならない訳ではありません。


住宅ローンの返済が楽になるかどうかは、組むときではなく、頭金次第

住宅ローンを頭金なしで、25歳で組むのと、しっかりと頭金を貯め30歳で組むのでは、利息分を考えると、だいぶ返済額が変わってきます。もしも頭金で1000万円貯められたら、相当な額を老後に取っておくことが出来るのです。これらのことを考えると、やはり早いうちに住宅ローンを組むことが、絶対に良いとは言い切れません。