住宅ローン減税の知識

夫婦で住宅ローン減税を受けたいと考えている人はきっと多いでしょう。ですが、意外と、夫婦で受ける住宅ローン減税の注意点を知らない人が多いのです。それでは受けたくても受けられなくなってしまいます。では、その注意点についてご紹介しましょう。


夫婦そろって住宅ローン減税を受けられるのは?

まず一つ目は、夫婦連帯債務でかりる場合。簡単に説明すると、夫婦ともに債務者になり、二人の名義でローンを組みます。この場合は連帯責任になりますので、夫と妻で借り入れした住宅ローンを分けるのではなく、2人とも借り入れた住宅ローン全額を返す義務があるという事になります。二つ目は、収入を一緒にして借りる住宅ローン。こちらは夫の収入に妻の収入を合わせることで、借入金額を増やすというやり方です。この場合債務者は夫なり、妻は連帯保証人になります。最後は、夫婦それぞれが一人ずつ債務者になる形です。連帯の債務を受けていない会社で多くみられる形です。各自が債務者になる為、契約も2つになります。


注意すること

妻に収入があったら減税対象になるわけではありません。収入があっても税金を払っていない場合は減税対象にはならないことはしっかりと覚えておきましょう。